ダイエットしながらうるおい美肌をキープ!
「食欲の秋」本番ですね!
私も秋になるといつも、急に食事やスイーツがするするとお腹に入っちゃうから困ってます(笑)!
それにしても、どうして秋はたくさん食べたくなっちゃうのでしょう・・・?

実はこの時期、動物の多くが、冬の寒さに備えて自然と食べる量が増え始めるときなのです。
人間だって同じ。
しかも、お肉になる動物も脂肪を蓄え始めるので、脂がのってよりおいしくなり、それをいただく人間も連鎖的に脂がのってくる?!というわけ。
体重が増えて「ダイエットしなきゃ!」と思うけれど、この時期のダイエットこそ要注意!

なぜかというと・・・、
乾燥肌やトラブル肌の原因はいろいろとありますが、直接的には、肌の脂質の代謝が良くないことがほとんど。
そんなとき有効なのが、脂質の代謝を促進してくれる「ビタミンB6」です。

つまり、この時期によいのは、「ダイエットしながらお肌のうるおいを保つ」食事。
今回は、つるつるお肌をキープしながらダイエットできる食材をご紹介します!

乾燥肌やトラブル肌の原因はいろいろとありますが、直接的には、肌の脂質の代謝が良くないことがほとんど。
そんな時有効なのが、脂質の代謝を促進してくれる「ビタミンB6」です。
さばやさんま、かつおなどの青魚や牛乳、バナナ、ピーナッツなどに豊富。
そして、合わせて「ビタミンB2」を摂ることも必要です。
ビタミンB2は脂質のほか、糖質とたんぱく質の代謝も促してくれます。
じつはこのビタミンB2も、青魚や牛乳にとても豊富。

つまり、青魚はビタミン類が豊富で栄養価が高く、しっかり代謝を促してくれ、しかも脂質もお肉の脂肪に比べて血管をきれいにしてくれる働きがあるDHAやEPAを含む良質の脂質。
青魚ってやっぱりすごい!
よく、にきび跡やお肌のトラブルで皮膚科にいく女性が、青魚を摂るようすすめられるそうです。
そして、美肌に欠かせないビタミンCとAも一緒に摂れればなおGOOD!

今回のレシピ「さばとニラのピリ辛中華味」。
さばに脂がのる季節なので、調味料に油分を使っていません。
そして、ビタミンAはニラで、ビタミンCは「さつまいもとりんごの温サラダ」とデザートの柿でクリア。
「さつまいもとりんごの温サラダ」は、食物繊維も豊富で腸をスッキリさせる効果があるのもうれしいところ。

つまり、美肌+ダイエットを考えるなら・・・・
ビタミンB6、B2を青魚で、C、Aは野菜と果物で摂るのがおすすめ。

これからは欲張りダイエットでいきましょう(笑)!




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。