お弁当ダイエット!

薄着になるこれからの季節。ダイエットを試みている方も多いのでは?
外食したり買ったりすると、予想外のカロリーを摂ってしまいがちです。

その点お弁当は、その日食べたいものを食べながらも、自分でカロリーコントロールができるのがうれしいところ。
持って行った分しかないので、食べすぎを防ぐ大切な役割も果たしてくれます。

そこで欲しくなるのが、満腹感もあって、野菜のビタミンやミネラルもしっかり摂れるお弁当。
しかも、それが忙しいときでも作れるように、一品料理で摂れたらなおいいですよね。
今回は「お弁当ダイエット」と称して、そんなお弁当にピッタリの食材+調理法をご紹介します!

バランスよくダイエットしたいときのおすすめメニューは・・・
油脂の少ない細い麺or細かい粒の炭水化物+季節野菜がメインのお料理。
前者を具体的にいうと、細めのパスタか春雨、そうめん、クスクス、雑穀たっぷりのご飯・・・などです。

なぜなら、細い麺や細かい粒状の炭水化物は野菜などの具がからみやすく、かさも増えやすくて、味も最小限でしっかりまんべんなく行き届くから♪

太めの麺などに比べて同じ重さでもかさがぐんと増えるから、食べたときの満腹感もあります。

そんな細い麺類の中でも水分が多い春雨はヘルシーヌードルの代表選手。味も何にでも合わせやすいのが魅力です。
今回のレシピ「夏野菜と春雨のチャプチエ」のように、脂肪の少ないたんぱく質(ロースハム)やきのこ(しいたけ)、抗酸化ビタミンたっぷりの季節野菜のパプリカやきゅうりなどをたっぷり加えれば、さらに栄養バランスがアップ。色とりどりで見た目も満足です。

お酢やラー油をほんのり利かせて味に奥行きを出すことも、低カロリーで満足感を得るカギ。

ただし、麺類や野菜は炭水化物なので、もう少しスタミナが欲しい場合は低カロリーで低脂肪のたんぱく質をもう1品プラスします。
えびイカ、タコ、貝類や鶏ささみなどはもってこいの食材。
淡白な味なので、カレーや七味で味にアクセントをつけて、これまた満足感につなげます。

食材選びと味付けの工夫で、低カロリーでも満足のランチ。
ルクエペティートでぜひ試してみてください!





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。