ビューティー弁当のメニュー組み立ての極意!

ちょっと前に始まったお弁当ブーム。

もはや手作り弁当を持参するOLさんも普通になってきましたよね。
最近では、さらにきれいになるために、からだのことを考えたお弁当を持参する弁当女子が急増中!!


では、きれいになるための「ビューティー弁当」っていったいどんなもの??
それには、いくつかの欠かせない食材があります!
それさえ押さえれば、メニューアレンジは簡単♪
忙しいOLさんや働く女性も、ランチでヘルシー食材をしっかり摂ることができれば、朝食や夕食がきちんと摂れなくても安心。
今回は、そんなビューティー弁当のコツをご紹介します!


まず、お弁当メニューを考える上で大切なことは、たんぱく質、炭水化物、脂質の「3大栄養素」のバランスが取れていること。

ご飯もの&麺類など炭水化物ばかりだったり、またメインになるお肉やお魚などたんぱく質のものばかりといったお弁当では、摂ったカロリーを効率よくエネルギーに変えることができません。


ごはんなど炭水化物とメインとなるたんぱく質のおかずをバランスよく詰めたら、副菜となる野菜の色やとり方にも配慮を。

女性に多い貧血防止や美肌に欠かせないカロテン、ビタミンCを多く含む「緑の野菜」は必ず何か入れましょう!
そして、ビタミンCや疲労回復によいクエン酸を含むトマトやフルーツも取り入れるのもオススメ。

そして、そこにプラスしたい、日々の健康&美容のキープに欠かせないサプリメント的な食材といえば、「海草・きのこ・雑穀」!


海草には代謝を活発にする「ヨウ素」や、女性に不足しがちなカルシウムや鉄分がとても豊富。ほかにも、ビタミンAやお腹にやさしい食物繊維が豊富です。
きのこには体の免疫力を高める「β‐グルカン」が豊富。健康維持に効果的です。
そして、私が愛して止まない雑穀には、ビタミン、ミネラルはじめ抗酸化成分や食物繊維など、計り知れないほどの健康パワーが秘められています。
ストレスの多い社会に打ち勝つために、心身にとても有効ですよ!

これらの食材は毎日1度はかならず摂りたいものなので、お弁当のなかに組み入れる習慣ができると、とても効率的。


今回ご紹介するお弁当では、海草は「ひじき」「青のり」、きのこは「えのき」で。「雑穀」はごはんにもちきびと押し麦を混ぜました。vol15_main1.jpg
メインは美肌やアンチエイジングに効果的といわれる「紅鮭」。ごはんも進みます♪

緑の野菜としては旬のアスパラガスをチョイス。
アスパラガスには「アスパラギン酸」というアミノ酸が含まれており、エネルギー代謝を活発にするので、疲労回復や体力アップ、ダイエットなどにも効果があり!


つまるところ、ご飯やメインのおかずと一緒に、「海藻、きのこ、雑穀、緑の野菜、生の野菜&果物」が揃えばビューティー弁当の完成です!

これは、普段の家の食事のメニュー作りにも応用可能。
「あ、今日はきのこがないから、これにしいたけを入れよう♪」といった具合に、使う食材の種類が決まっていれば、メニューを考えるのがとても簡単です。


末永く続くきれいのためには、地味でもコツコツとビューティー食材を摂り続けることが、実は一番大切。
そんな努力も、カラフルなルクエ「ペティート」を使えば、朝のビューティー弁当作りが楽しくなること間違いなしです♡






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。