からだの夏疲れをリセット!
夏休みで街にあふれていた学生さんたちも、すっかり制服姿に戻り、新たな季節の訪れを感じさせる9月。
気候が穏やかになる9月は、夏の疲れがどっと出てくる季節。体力も弱ってくるので、要注意です。
食中毒の発症も、8月を抜いて9月が例年第1位なのをご存知ですか??
疲労が続くと、からだの抵抗力が低下して、感染症や風邪などにかかりやすくなるといわれています。

仕事も勉強も本番に戻る9月は、元気にパワフルでいきたいもの。
疲労回復によい食材をしっかり摂って、食欲の秋に備えて疲れた胃腸をしっかりリセットしましょう!!

疲労回復の究極の組み合わせと言えば、前にもご紹介したことがありますが、まずはやっぱりこれ。今回のレシピでも使った「豚肉+ねぎ類」です!
豚肉に含まれるビタミンB1は糖質の代謝を促進するので、食べたものをエネルギーに変えやすくしてくれます。
それに組み合わせて、いわゆる「ねぎ類」、玉ねぎや長ねぎ、にんにくやニラなどを食べれば、その効果はアップします。

プラスして私が、日々「疲れたな〜」と思ったときや「胃腸が疲れているな」と感じたときに意識して取り入れているものがあります!
それは・・・、タウリンの多いあさりなどの貝類や、レモン汁を加えた炭酸水、そしてビタミンCの多い果物や野菜!

タウリンはアミノ酸の一種で、疲労回復効果があります。それに加え、消化で疲れた肝臓の機能を強化してくれるうれしい栄養素。しかも貝類は低カロリーでヘルシーなので、気軽にメニューにプラスできます。
やっぱり目的のためにプラスして取り入れるものは、低カロリーだと安心でうれしいですよね。

lemon.jpg 他によく摂るのはレモン汁を絞ったプレーンの炭酸水。
疲労回復効果があるクエン酸がたっぷり摂れます。また、それだけでなく、消化を促したり、胃の働きを活発にしてくれるので、胃腸の働きがイマイチという時や、ボリュームのあるものを食べたとき、食後に飲むとすっきりします。

もうひとつ毎食意識して摂るのが、ビタミンCの多い果物。
ビタミンCは精神や肉体のあらゆる疲労やストレスなどで消耗されてしまうので、疲れ気味のときは、かなり意識して摂ることがおすすめです!
私は、簡単に食べられるキウイなどの果物を毎食後食べるようにしています。
サプリメントもよいですが、やっぱり生の果物の吸収率にはかないません!
続けていると、疲労が溜まらず風邪などもひかなくなった実感がかなりあるので、「毎食くだもの生活」はこれからもず〜っと続ける予定です(笑)。

みなさんも、日々できるかんたんな食事ケアで、自分に合った元気&健康のキープ術を見つけてみてください!




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。